子供自身が素敵な人生になるよう、うまくサポートするのが大人の役目。基本的な生活習慣を身につけたり、言葉を学ぶやり方は、子供のタイプによって変わってくるのです。⇒子供の教え方!

幼児教育なら、発達障害の子供☆発達教室へ!
子供の様子が気になります・・。ご紹介、口コミで訪れた乳幼児、多数!
少しでも悩んだら、スポット型幼児教室で早めの対策!まずは、無料相談からどうぞ!!
子供の教育!相談室
 
幼児教室TOP > お母さん支援の会Blog【抜粋】 >赤ちゃんはどうやって言葉を覚えるの?
赤ちゃんはどうやって言葉を覚えるの?
今、できる事をしてあげたい!★子供教室
言葉の成長は、お母さんのお腹の中にいる時から進んでいるようです。
 

赤ちゃんの言葉は自然に成長しないの・・

赤ちゃんの言葉が話せるようになるのは、周りに居る家族の声をじっと聞いているからです。これはお母さんのお腹の中にいる状態から言葉の成長に関わっているといわれています。この時期により多くの言葉をかけてあげることによって、赤ちゃんにとって言葉を蓄積することができ、成長の促進につながります。

約半年程度で喃語(なんご)といわれる、赤ちゃんの発生練習が始まります。喃語(なんご)とは、「あーあー」「うーうー」「まーまー」といった言葉のことです。お母さんは、赤ちゃんにご飯を食べさせるときや、おむつを替えるとき、一緒に寝るときなど、いっぱい言葉のシャワーを浴びせてあげましょう。物語などを読んで聞かせてあげるのもいいです。いっぱいの愛情をもって赤ちゃんに接することにより、赤ちゃん自身でも言葉を発したいという好奇心が芽生えてきます。この好奇心が言葉の成長にとって重要なのかもしれません。

【参照】支援会で整理されたメモ;

・赤ちゃんの言葉の成長には、周りの言葉がけなどにも深くかかわっている。
・赤ちゃんに接するときは、できるだけ言葉のシャワーをかけてあげよう。
・赤ちゃんは言葉を蓄積した結果、発語ができるようになる。

有名な狼少女の話があります。狼に育てられた少女は、うなり声こそあげたが、人間の言葉の成長はありませんでした。しかし、少しずつ教える毎に、言葉の成長が見られたと言われています。この事例からわかることは、赤ちゃんの頃に言葉をかけてあげることの重要性を説いているといえます。

(【発達障害☆考】赤ちゃんはどうやって言葉を覚えるの? おわり)

今、子供にしてあげられる事をお探しの方へ

発達障害の兆候が見られても適切な支援を行うことにより、改善できるかもしれません。

 
 
 
 
ご相談・お申し込み
発達障害のメール無料相談
知っておきたい発達障害
その他・お問い合わせ
よくある質問
子供の発達障害に関する原因や対策でお悩みの方を相談を通して支援しています。(お母さん支援会より)
 
言葉遅れ・多動性をご存知ですか?
もうすぐ2歳になるのに言葉を話してくれない・・・子供の言葉遅れと発達障害の関係性を知ろう!
子供の落ち着きがない、泣きわめく・・・収拾がつかない・・・多動性・衝動性の症状や特性を知ろう!
 
お母さん支援会Blog [随時更新中]
赤ちゃんの幼児教育に関して…
【育児】赤ちゃんに悪影響を及ぼすテレビ
【育児】乳児(0歳)の言葉がけと喃語の時期
【育児】赤ちゃん(0歳)は添い寝で子守歌
乳幼児期の幼児教育に関して…
【教育】歩き方で大切な知覚・・
幼稚園に入ってからの幼児教育に関して…
お母さん相談・支援の会Blogのリライト記事は、乳児・幼児・乳幼児・新生児・赤ちゃん等の表記が重複、或いは異なる場合がございますこと何卒、ご了承ください。(支援の会☆事務局より)
 
発達障害に関するご相談・問合わせ
 
教室のご案内
個人情報の取扱いについて
その他・お問い合わせ
よくある質問
子供の発達障害に関する原因や対策でお悩みの方を相談を通して支援しています。(お母さん支援会より)
 
 
 
 

脳の成長過程における幼児期では、発達障害の症状や問題行動は、解消するケースも多々、あります。ぜひ、ご相談ください。

子供が発達障害的な症状でお悩みの方、対応方法を知りたい方、親身に相談できる教室です。お気軽にどうぞ!