子供自身が素敵な人生になるよう、うまくサポートするのが大人の役目。基本的な生活習慣を身につけたり、言葉を学ぶやり方は、子供のタイプによって変わってくるのです。⇒子供の教え方!

幼児教育なら、発達障害の子供☆発達教室へ!
子供の様子が気になります・・。ご紹介、口コミで訪れた乳幼児、多数!
少しでも悩んだら、スポット型幼児教室で早めの対策!まずは、無料相談からどうぞ!!
子供の教育!相談室
 
幼児教室TOP > お母さん支援の会Blog【抜粋】 > flashカードで子供の右脳を刺激する
flashカードで子供の右脳を刺激する
今、できる事をしてあげたい!★子供教室
flashカードという教材の存在を知ったのですが、はじめる時期はいつがベストなのでしょう。
 

教材の中でもflashカードは、子供の右脳を刺激して、記憶力、集中力を高める効果があるとされています。

flashカードという教材は、子供にとって遊びと勉強を融合させた教材。遊びながら勉強できる教材として日本でも知名度が高くなりました。大抵の子供はflashカードをみてワクワク(ゲーム感覚)してしまうようですよ。

その理由は、手軽に取り組めること。反復することによって知識の定着が早く、子供への教育効果があるからではないでしょうか。flashカードといっても、多くの種類があり、無料で配布されている教材も多く存在しています。

しかし、flashカードの使い方には少しコツが必要です。大切なのは、1枚1秒以下(理想は0,5秒)で子供にflashカードをみせながら、単語を読み聞かせ、テンポよく、進めていくわけですが、慣れないとなかなかリズムがとれません。それに発音もしっかりと発声しないと効果が半減してしまうので、一度実際に行う様子を見て、イメージを掴むことが重要かと思います。

ただいえることは、わからないからやらないよりも、勉強した範囲でやりはじめた方がいいかと思います。やり方についても絶対にこうしなければならないというものではないはずです。いろいろな工夫、応用することが大切だと思います。子供は日進月歩で成長しています。flashカードのはじめる時期は、0歳から取り組むことができます。flashカード教材は、強力な教育アイテムといえるかもしれません。

【参照】支援会で整理されたメモ;

・flashカードは子供の能力アップ教材の一つです。
・flashカードは使い方にコツがあるので、少し練習が必要です。
・flashカードを見せるときは、テンポよく、発声もしっかりと!

子供の教材はいろいろとあります。子供のどんな能力を高めるかが記されており、それぞれ使い方にコツがありますが、大切なのは子供とお母さんとのコミュニケーションです。子供が興味を示して楽しむことに教材の存在意義があるのではないでしょうか。

(【発達障害☆考】flashカードで子供の右脳を刺激する おわり)

今、子供にしてあげられる事をお探しの方へ

発達障害の兆候が見られても適切な支援を行うことにより、改善できるかもしれません。

 
 
 
 
ご相談・お申し込み
発達障害のメール無料相談
知っておきたい発達障害
その他・お問い合わせ
よくある質問
子供の発達障害に関する原因や対策でお悩みの方を相談を通して支援しています。(お母さん支援会より)
 
言葉遅れ・多動性をご存知ですか?
もうすぐ2歳になるのに言葉を話してくれない・・・子供の言葉遅れと発達障害の関係性を知ろう!
子供の落ち着きがない、泣きわめく・・・収拾がつかない・・・多動性・衝動性の症状や特性を知ろう!
 
お母さん支援会Blog [随時更新中]
赤ちゃんの幼児教育に関して…
【育児】赤ちゃんに悪影響を及ぼすテレビ
【育児】乳児(0歳)の言葉がけと喃語の時期
【育児】赤ちゃん(0歳)は添い寝で子守歌
乳幼児期の幼児教育に関して…
【教育】歩き方で大切な知覚・・
幼稚園に入ってからの幼児教育に関して…
お母さん相談・支援の会Blogのリライト記事は、乳児・幼児・乳幼児・新生児・赤ちゃん等の表記が重複、或いは異なる場合がございますこと何卒、ご了承ください。(支援の会☆事務局より)
 
発達障害に関するご相談・問合わせ
 
教室のご案内
個人情報の取扱いについて
その他・お問い合わせ
よくある質問
子供の発達障害に関する原因や対策でお悩みの方を相談を通して支援しています。(お母さん支援会より)
 
 
 
 

脳の成長過程における幼児期では、発達障害の症状や問題行動は、解消するケースも多々、あります。ぜひ、ご相談ください。

子供が発達障害的な症状でお悩みの方、対応方法を知りたい方、親身に相談できる教室です。お気軽にどうぞ!