子供自身が素敵な人生になるよう、うまくサポートするのが大人の役目。基本的な生活習慣を身につけたり、言葉を学ぶやり方は、子供のタイプによって変わってくるのです。⇒子供の教え方!

幼児教育なら、発達障害の子供☆発達教室へ!
子供の様子が気になります・・。ご紹介、口コミで訪れた乳幼児、多数!
少しでも悩んだら、スポット型幼児教室で早めの対策!まずは、無料相談からどうぞ!!
子供の教育!相談室
 
幼児教室TOP > お母さん支援の会Blog【抜粋】 >幼児期の多動性障害について
3歳までに脳は完成します。だからこそ、早期対策が肝心!!
一般的な検診では、3歳にならなければ多動性はわからないとされています。
しかし、幼児は3歳までに脳が形成されてしまいます。これでは不安でたまりません。
そこで、1歳〜2歳の段階で「多動チック」の早期診断を行って、多動の個別特性を把握しましょう。
他の子と違う、言うことを聞かない等、子育ての不安要素は、まず専門家にご相談【無料】ください。
幼児期の多動性障害について
今、できる事をしてあげたい!★子供教室
よく動く子供は、多動性障害の疑いがあるといわれました。
 

多動性障害は発達障害の一種なのでしょうか?

多動性障害とは、動き回るだけではなく、廻りの子供たちと協調するのが難しかったり、好きなことをずっとやり続ける反面、興味のないことは全く感心を示さないといった症状があるようです。様々な症例があるため、見極めることは非常に難しいのが実情。

専門のお医者さんでしか正確な判断をすることができないとされています。診断には、「DSM−(4)」という国際的には信用のある基準が採用されています。多動性障害についての書籍はたくさん出版されていますが、何が原因で起こるのかはっきりとしたことはわかっていません。学者によっては、遺伝的な原因以外にも、母親からの愛着が少なかったりする環境的要因を指摘する研究データもあるとのこと。

いずれにしても幼児期であれば、多動性障害を改善させることが可能とされています。改善の方法論は多岐に渡りますが、重要なのは、子どもをよく観察して、その特性にあわせた教育方法というのを両親が取り組む必要があり、幼稚園の先生にも支援してもらい解決に努めていくことが大切です。

【参照】支援会で整理されたメモ;

・多動性障害の症状は多岐にわたる。
・多動性障害とは、遺伝的側面と環境的側面から見直す必要がある。
・子どもの特性に合わせた教育方法を取り入れることが大切。

多動性障害というレッテルだけを先行させてはいけないということではないかと感じました。世の中で活躍している方でも小さい頃に多動性障害と言われている方は大勢おられます。ですがいずれも共通していることは、母親が不安にならず、しっかりと現状把握に努めて、子供に適した環境をつくってあげることが大切だと思いました。

(【発達障害☆考】幼児期の多動性障害について おわり)

今、子供にしてあげられる事をお探しの方へ

発達障害の兆候が見られても適切な支援を行うことにより、改善できるかもしれません。

 
 
 
 
ご相談・お申し込み
発達障害のメール無料相談
知っておきたい発達障害
その他・お問い合わせ
よくある質問
子供の発達障害に関する原因や対策でお悩みの方を相談を通して支援しています。(お母さん支援会より)
 
言葉遅れ・多動性をご存知ですか?
もうすぐ2歳になるのに言葉を話してくれない・・・子供の言葉遅れと発達障害の関係性を知ろう!
子供の落ち着きがない、泣きわめく・・・収拾がつかない・・・多動性・衝動性の症状や特性を知ろう!
 
お母さん支援会Blog [随時更新中]
赤ちゃんの幼児教育に関して…
【育児】赤ちゃんに悪影響を及ぼすテレビ
【育児】乳児(0歳)の言葉がけと喃語の時期
【育児】赤ちゃん(0歳)は添い寝で子守歌
乳幼児期の幼児教育に関して…
【教育】歩き方で大切な知覚・・
幼稚園に入ってからの幼児教育に関して…
お母さん相談・支援の会Blogのリライト記事は、乳児・幼児・乳幼児・新生児・赤ちゃん等の表記が重複、或いは異なる場合がございますこと何卒、ご了承ください。(支援の会☆事務局より)
 
発達障害に関するご相談・問合わせ
 
教室のご案内
個人情報の取扱いについて
その他・お問い合わせ
よくある質問
子供の発達障害に関する原因や対策でお悩みの方を相談を通して支援しています。(お母さん支援会より)
 
 
 
 

脳の成長過程における幼児期では、発達障害の症状や問題行動は、解消するケースも多々、あります。ぜひ、ご相談ください。

子供が発達障害的な症状でお悩みの方、対応方法を知りたい方、親身に相談できる教室です。お気軽にどうぞ!