子供自身が素敵な人生になるよう、うまくサポートするのが大人の役目。基本的な生活習慣を身につけたり、言葉を学ぶやり方は、子供のタイプによって変わってくるのです。⇒子供の教え方!

幼児教育なら、発達障害の子供☆発達教室へ!
子供の様子が気になります・・。ご紹介、口コミで訪れた乳幼児、多数!
少しでも悩んだら、スポット型幼児教室で早めの対策!まずは、無料相談からどうぞ!!
子供の教育!相談室
 
幼児教室TOP > お母さん支援の会Blog【抜粋】 >さまざまな症例がある自閉症とは?
3歳までに脳は完成します。だからこそ、早期対策が肝心!!
一般的な検診では、3歳にならなければ障害チックな症状は、わからないとされています。
しかし、幼児は3歳までに脳が形成されてしまいます。これでは不安でたまりません。
そこで、1歳〜2歳の段階で「自閉チック」の早期診断を行って、自閉症の個別特性を把握しましょう。
他の子と違う、なかなか話してくれない等、子育ての不安、まず専門家にご相談【無料】ください。
さまざまな症例がある自閉症とは?
今、できる事をしてあげたい!★子供教室
あまり笑わない乳児は、自閉症の疑いがあると聞きました。
 

乳児の自閉症はどういった症状からわかるものなのでしょうか?

自閉症は発達障害とされており、もう少し詳しく言えば神経発達の障害となります。主な症状はことばの発達の遅れ、他の人とのコミュニケーションが苦手、特定な物・事へのこだわりが強い等が挙げられます。

知的障害の有無については2通りあり、一般的な自閉症は知的障害の軽度から重度までの差があります。自閉症のなかで、高機能自閉症と呼ばれている障害は、知能の発達の遅れはないといわれています。これらの症状に全てあてはまれば、自閉症ということになるようです。

ただ近年、自閉症でもさまざまな症例があることから、広範囲で捉えるような動きになっており、自閉症スペクトラムという大きな括りで呼ばれるようになってきました。自閉症を一括りにして、捉えることが重要なのではなく、症状の傾向や特徴をよく見極めて、発達していく上で不都合だと思われる特徴をどのようにサポートしてあげられるかという点を考えていくことが大切なのではないかと思います。これは自閉症という病名に左右されず、健常児においても発達過程において完璧ではなく、常に同じ姿勢で子どもに接していくことが望ましいと感じます。

乳児期(児童福祉法で0歳〜満1歳未満とされている)に自閉症がわかれば、いろいろな対応、療育の方法があるのですが、実際のところ乳児の時期に特定することは難しいようです。乳児にはすでに個性があり、周りの環境にも左右され、発達の速度が違うからです。乳児の自閉症の兆候としては、あやしても笑わず愛着を示さなかったり、泣くことが少なく、抱っこを嫌がるケースも兆候として挙げられています。

【参照】支援会で整理されたメモ;

・乳児の自閉症の判断は専門家でも難しい。
・乳児に対してできること、それはいっぱいの愛情を注ぐことかもしれません。
・自閉症の兆候が見られたら、一人で悩むより信頼のできる先生へ相談することが大切。

自閉症の研究も進化し続けており、アメリカの自閉症の研究所では、生まれたばかりの乳児(約1ヶ月)で自閉症がわかるという研究データが報告されています。報告内容には、一般的に言われている「笑わない」「目を合わせない」という内容ではないとされているようです。今後の研究に期待したいところです。

(【発達障害☆考】さまざまな症例がある自閉症とは? おわり)

今、子供にしてあげられる事をお探しの方へ

発達障害の兆候が見られても適切な支援を行うことにより、改善できるかもしれません。

 
 
 
 
ご相談・お申し込み
発達障害のメール無料相談
知っておきたい発達障害
その他・お問い合わせ
よくある質問
子供の発達障害に関する原因や対策でお悩みの方を相談を通して支援しています。(お母さん支援会より)
 
言葉遅れ・多動性をご存知ですか?
もうすぐ2歳になるのに言葉を話してくれない・・・子供の言葉遅れと発達障害の関係性を知ろう!
子供の落ち着きがない、泣きわめく・・・収拾がつかない・・・多動性・衝動性の症状や特性を知ろう!
 
お母さん支援会Blog [随時更新中]
赤ちゃんの幼児教育に関して…
【育児】赤ちゃんに悪影響を及ぼすテレビ
【育児】乳児(0歳)の言葉がけと喃語の時期
【育児】赤ちゃん(0歳)は添い寝で子守歌
乳幼児期の幼児教育に関して…
【教育】歩き方で大切な知覚・・
幼稚園に入ってからの幼児教育に関して…
お母さん相談・支援の会Blogのリライト記事は、乳児・幼児・乳幼児・新生児・赤ちゃん等の表記が重複、或いは異なる場合がございますこと何卒、ご了承ください。(支援の会☆事務局より)
 
発達障害に関するご相談・問合わせ
 
教室のご案内
個人情報の取扱いについて
その他・お問い合わせ
よくある質問
子供の発達障害に関する原因や対策でお悩みの方を相談を通して支援しています。(お母さん支援会より)
 
 
 
 

脳の成長過程における幼児期では、発達障害の症状や問題行動は、解消するケースも多々、あります。ぜひ、ご相談ください。

子供が発達障害的な症状でお悩みの方、対応方法を知りたい方、親身に相談できる教室です。お気軽にどうぞ!